柔技整体では、まず患者

さんの対姿勢分析。

次に対話・問診。

そして筋力テスト等を行っ

てから施術に入ります。



初めて会う患者さんに…


「じゃあ、ほぐしてみましょ

う」

などと、いきなり筋肉を揉

み始めるような事はありま

せん。



基本は骨。

施術は骨に働きかけて行

きます。

関節の動きを滑らかにす

る事で、筋肉を緩めて行き

ます。



と言っても…


一般的な整体のイメージ

にある、骨をボキボキと動

かす事はありません。

ですから骨の周りの筋肉

組織を傷付ける事もありま

せん。



この施術例でも、決して筋

肉を揉み解しているわけ

ではありません。

関節の正しい動き。

その方向を誘導。


そして関節回りの筋肉が、

結果として緩んで行きま

す。




最初は誰でも緊張するものです。

痛いとか怖いとか、考えてしまうのが当たり前です。

そういった緊張をほぐす為にも、問診は不可欠です。

心の緊張があるうちは、体の緊張は取れません。

施術の一例




まずは足の長さ、動きなどをチェック。


足のアーチを作る。これが重要。


膝関節の調整。

無理やり動かすのではなく、あくまで柔らかく。


手首の調整。

これが肩の調整へと続いていきます。


骨盤の調整。

力でこじるのでは無いので、骨がバキバキ鳴る事はありません。


肘関節の調整。

本来の正しい動きを、脳が思い出すように誘導します。


肩関節の調整。




肩甲骨等の調整。

柔らかく、関節の動きをスムーズにしていきます。

どの関節調整も、骨がバキバキ鳴る様な事はしません。

関節本来の自然な動きを取り戻すため、柔らかく、ゆっくり誘導します。

その結果、筋肉、腱なども柔らかく緩み、体の動きがスムーズになって行きます。








日本の風情を音に託す…「平成民謡 風流院」